モデルコース

昭和レトロと温泉の歴史をあるく

昭和レトロと温泉の歴史をあるく

白浜温泉のルーツを巡る、昭和レトロを感じる旅!

白浜が温泉地である象徴の、「甘露の湯」「行幸源泉」と源泉を辿り、最後は崎の湯の入浴で締めくくるお散歩コース。温泉の歴史を感じ、今と昔を行き来するような素敵なお手軽コースです。

Summary

所要時間目安:約2時間

まちなか総合案内所しらすな(白浜観光協会)

まちなか総合案内所しらすな(白浜観光協会)

白浜の観光スポットの案内をしてくれます。
散策コースも事前に下調べ出来ます。町内の詳しいマップをゲットして、いざ散策へ出発!

まちなか総合案内所 しらすな(白浜観光協会)

徒歩で1分

白良浜

白良浜

白浜の名の由来にもなった延長620mに渡る白砂の浜。毎年約60万人が訪れる関西屈指のこの美しいビーチは「日本の快水浴場百選」にも選ばれています。白い砂、エメラルドグリーンの海、椰子の木の並ぶ風景など、姉妹浜のワイキキビーチを連想させるほどリゾート気分が味わえます。真っ白でサラサラな砂の上を歩くと爽快な気分になること間違いなし!

白良浜

徒歩で30分

山神社

山神社

往昔より金山鉱山の守護神として崇敬されています。神社へ向かう坂道の途中では、白浜の海を一望することが出来ます。

山神社(温泉神社)

徒歩で10分

甘露の湯源泉

甘露の湯源泉

民家が建ち並ぶ穏やかな坂道を歩いていると、硫黄が鼻をくすぐる甘露の湯源泉を発見。飲泉にも最適な白浜では珍しい、塩気の少ない泉質の源泉が、人々の暮らしの中に密接に存在します。

甘露の湯源泉

徒歩で2分

薬師堂

薬師堂

湯治客が病気平癒を祈願するため、昔から湯治場には必ずといってもいい程、薬師堂があります。湯崎七湯の一つであったここにも、屋形の湯跡から続く階段を上りきったところに、今でもひっそりと小さな薬師堂があります。

薬師堂

徒歩で5分

フィッシャーマンズワーフ白浜

フィッシャーマンズワーフ白浜

地元の漁師の方々が運営する施設です。1階には鮮魚市場やダイビングショップ、カフェ、2階には和食レストランとイタリアンレストラン、屋上には季節限定のビアガーデンがあります。お散歩の途中にちょっと寄り道におすすめです。

フィッシャーマンズワーフ白浜

徒歩で5分

行幸源泉

行幸源泉

右手に美しい海を眺めながらさらに堤防沿いの歩道を1分ほど。
白い湯気と、温泉の香りがたちこめます。ここが白浜で最も古い源泉「行幸源泉」です。源泉の近くでは、温泉を使ってつくる名物「いでゆ反対たまご」が販売されています。

行幸源泉

徒歩で2分

崎の湯

崎の湯

万葉の昔からある「湯崎七湯」の中で唯一残っている歴史ある湯壷で、雄大な太平洋が間近にせまる露天風呂です。
湯船から海はほぼ一体、岩に打ち寄せる波を感じながら入浴できます。
温泉にたちこめる、硫黄と潮の香り、波の音、太平洋をゆっくりと渡る船など、お湯だけでなく、大自然にどっぷり浸かった開放感にひたることができます。お散歩の疲れをゆっくりと癒してください。

崎の湯

モデルコース Search