ニュース

南紀白浜観光協会 新ロゴマークについてお知らせ

南紀白浜観光協会 新ロゴマークについてお知らせ 【最優秀賞】東京都 大山さん

令和3年4月に「白浜観光協会」と「一般社団法人南紀白浜観光局」が統合して「一般社団法人南紀白浜観光協会」が発足いたしました。
発足当初より予定しておりました新団体のロゴマークについて、一般公募で募集を行い、全国各地の20代から80代の幅広い年齢層の方から応募がありました。
総数87作品の中から厳正なる審査の結果、新ロゴマークが決定いたしましたのでお知らせいたします。

【最優秀賞】東京都 大山さん
作品の趣旨
南紀白浜を象徴する大自然をシンボルにすることで、
観光客をはじめ、地元住民にとってもわかりやすく、
親しみやすいロゴマークになると考えました。

白良浜をはじめとする美しい海岸、
円月島、千畳敷、三段壁などのダイナミックな地形、
そしてそれらを幻想的な風景に彩る太陽を
白浜の「白」の一文字に見立てて、
デザインしました。

また、どんな媒体においても、
視認性やアイデンティティを確保するために、
はっきりとした色づかいと、記号的なシルエットにしています。
多くの人や場所に馴染むように、丸みを感じさせ、温かみのある
デザインも心がけました。

自然と人にやさしく寄り添い、観光地としての発展を目指す
南紀白浜観光協会のありかたを表しています。


【優秀賞】東京都 山下さん
作品の趣旨
「白」をモチーフにして、南紀白浜の波を表現しました。波音や潮の香りを想像して「ここを訪れたい」と思えるような、爽やかなデザインを心がけました。

【佳作】大阪府 宮崎さん
作品の趣旨
白浜と言えば若い頃から円月島が思い出されます。白浜のシンボル、円月島をモチーフに、春分、秋分の時期に中心部の穴を通して神秘的な夕日を見ることができます。明日になればまた昇る太陽、未来へのさらなる協会の発展をシンプルにシンボライズ、制作いたしました。

南紀白浜観光協会 新ロゴマークについてお知らせ 【優秀賞】東京都 山下さん

南紀白浜観光協会 新ロゴマークについてお知らせ 【佳作】大阪府 宮崎さん